就業規則とは

就業規則は労働時間や賃金等の基本的な労働条件・職場の服務規律などを定め、それを文書にした使用者(会社)と従業員との間のルールブックとなります。

常時10人以上の従業員を使用する事業所では、就業規則を作成し、事業所ごとに労働基準監督署に届出ることが義務付けられています。
※常時10人以上とは、正社員、パート、アルバイトを含めた人数です

また、正社員とパートやアルバイトがいる事業所は、パート、アルバイトのみに適用される就業規則等を別に作成し、労働時間、年次有給休暇、賃金等、正社員との区分を明確にしておくことが大切です。

就業規則制作の流れ

↓この画像をクリック
就業規則作成の流れ

山本事務所ではコメント付きの就業規則を作成致します

就業規則は作る過程も重要です。
作成のポイントをコメントした資料も山本事務所では作成致します。

次に例をお見せ致します。
1ページ目
就業規則のポイント 例1
2ページ目
就業規則のポイント 例2
3ページ目
就業規則のポイント 例3

就業規則作成のメリット

★従業員が10人未満の事業所も次のようなメリットがありますので、就業規則を作成されることをおすすめします!

◆会社と従業員との理解度が深まります

就業規則に会社の理念、経営方針などを盛り込むことによって、会社と従業員の理解度が深まり、事業所内の効率化にもつながります。

◆職場でのトラブルを防止することに役立ちます

就業規則を作成し、従業員に周知することにより、職場トラブルを未然に防止することに役立ちます。

◆会社のイメージアップ・活性化につながります

就業規則を作成し、労働条件を整備することは、会社のイメージアップ、職場の活性化につながります。

◆助成金の受給要件に役立ちます

助成金の申請をする際、就業規則の写しの提出を求められることが多くあります。

◆退職金規程は、経営事項審査の加点要素にもなります

建設業を営み、公共工事に参加しようとする場合に経営事項審査の加点要素のひとつにもなります。