オガコム コメントはまだありません

国土交通省が、H26.8.1からの直轄工事の入札から社会保険未加入の建設業者を排除すると発表した。
国土交通省がH26.8.1から実施する措置は、元請となる建設業者の社会保険加入状況を確認。未加入の場合は、応札を認めないとする。
さらに、1次下請業者については、施工体制台帳で社会保険への加入状況の確認。未加入の場合は、元請に対し、ペナルティーを科すとしている。
詳しいことが分かり次第お知らせいたします。
但し、千葉県発注の工事については、H29年度までは社会保険未加入でも応札する予定との事です。

詳しくは次のホームページをご覧ください。PDFもご覧いただけます。

http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk2_000080.html

http://www.mlit.go.jp/common/000229351.pdf    ← PDFはこちら (48ページに以下のQ&Aが記載されています。)

Q&A20140514