国土交通省 社会保険加入状況調査結果について

 

建設業と社会保険について、2つの調査結果が発表されました。

農林水産省と国土交通省が平成25年10月に実施した公共事業労務費調査の結果から、公共工事に従事する建設企業、建設労働者の社会保険の加入状況について発表されました。

企業別、県別に加入状況をみると、下記のとおり都市部での加入率の低さが明らかになりました。

残念ながら千葉県は加入率が72%で一番低い数字となっています。

 

  加入率が高い 加入率が低い
企業別 長崎県、高知県 千葉県、東京都

 

国土交通省は、2012年11月から14年3月までの間に、建設業許可の申請などをした事業所のうち、11.7%が社会保険に未加入であると発表しました。加入指導に従わない場合、厚生労働省に通報され、営業停止処分を受ける可能性もあります。

 

このような調査結果より、今後、加入促進の厳しさが増すことが予想されます。