◆1年単位の変形労働時間制(いちねんたんいのへんけいろうどうじかんせい)

1年単位の変形労働時間制とは、1年以内の一定の期間を単位としてその月のある時期の所定労働時間が1週40時間、1日8時間を超えていても、1年を平均し1週間あたり40時間以内であれば時間外労働としない労働時間制です。この制度を採用する場合においては、就業規則に定めるか又は労使協定を締結しなければなりません。

◆基礎年金番号(きそねんきんばんごう)

平成9年1月から導入された1人に1つ与えられた年金番号で、国民年金や厚生年金、共済組合など、どの制度に加入していても共通して使用する10桁の番号体系です。

◆国民年金第3号被保険者(こくみんねんきんだい3ごうひほけんしゃ)
厚生年金、共済組合加入者の被保険者の扶養となる配偶者(主に奥様)は、国民年金第3号被保険者となり、国民年金保険料の納付負担がありません。

◆賞与支払届(しょうよしはらいとどけ)

社会保険に加入している会社(事業所)で賞与を支給したときには、支給日から5日以内に『被保険者賞与支払届』を年金事務所に『総括表』とともに提出する必要があります。

◆通勤災害(つうきんさいがい)

通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害又は死亡をいいます。

◆労使協定(ろうしきょうてい)
労使協定とは、会社と労働者の過半数代表者との間で結ぶ書面による協定のことをいいます。

資料

H24年 労働保険料率表